焼き芋、う~んおいしい!

2016 年 1 月 9 日 Comments off

12月9日、地主の神木さんの畑で焼き芋を行いました。2歳児クラスと3歳児クラスの子が芋にアルミホイルを巻いて薪を燃やした所にいれました。散歩で採ってきた落ち葉をかけ燃やします。落ち葉を入れると煙が出て、燃えだすと炎が出る。繰り返し起こるその様子に、「けむいよ~」「目が痛い」「わ~もえてる」「あったかい」「まっくろになっちゃた」などよ~く見ていました。焼きあがると、保育士から分けてもらい食べます。0歳クラスは少しずつ熱すぎないように口に入れていきますが「もっと!」とせかしていました。1歳2歳児クラスはもう待ちきれず適当に切った芋をもらうと、自分でふ~ふ~さましながら「おいしい!、おいしい」と食べます。3歳児クラスはそのままもらい、自分でアルミをはがし、熱い芋をハフハフさましながら食べました。食べ終わると畑の土を掘りだし、畑に寝ころんだり裸足で走り回りわざと転んで土にダイブしはじめました。おいしい焼き芋とはたけの柔らかい土の感触やにおいが子どもたちの感性をよびさましたのでしょう。焼き芋をやるにあたり、消防署にとどけ、地域も方にもお知らせしましたが、「いいですね、楽しんでください」と声をかけていただきました。神木さんには畑をお借りしただけでなく、芋もいただき、当日もお手伝いいただきました。皆さんのおかげで子どもたちはすてきな体験をできました。皆さんに感謝です。

カテゴリー: 保育 タグ:

りんご組とひまわり組一緒に遠足!

2015 年 11 月 16 日 Comments off

11月5日(木)2歳児クラスりんご組と3歳児クラスひまわり組が一緒に高坂の『こども動物自然公園』に行きました。『子どものその幼保連携型認定こども園』の園バスに迎えに来てもらい、のとのおじさん(理事長)と運転手さんも一緒です。1時間弱のバスの中は歌を歌ったり、ゲームしたり、トラックやバス、工事車両、街道のお店を見ながら飽きることなく動物園に到着です。写真を撮ってからまずはペンギンを目指します。何日も前からペンギンを楽しみにしていた子どもたちです。ひまわり組はどんどん坂道を登っていきます。りんご組は道端のカマキリをみつけたり、途中のフクロウやうしなど目についた動物に目を輝かせて見に行きます。やっとついたペンギンは運よく水槽で華麗な泳ぎを見せてくれました。続いて仲良し広場です。やぎ、ぶた、あひる、かも、大きい陸ガメなど動物をまじかにみたり、触れる広場でです。ヤギをこわがってちょっと離れていた子もだんだん慣れて先生や友達が触っているのをみて撫でていました。おなかのおおきい豚はあまりもの子どもたちからのかかわり方に「ぶひぶひ」声をだしながら逃げていきます。子どもたちは動いてくれる豚に大喜び!みんなして追いかけます。

その後はお弁当をゆっくり食べてバスで戻りました。みんなで行った遠足動物とのかかわりを手掛かりに一緒に楽しい時を過ごした子どもたちです。

カテゴリー: 未分類 タグ:

秋晴れ、さわやかに元気な運動会ができました

2015 年 10 月 15 日 Comments off

第12回運動会は子どものそのBaby保育園が就学までの保育園に成長して、最初の運動会でした。
それをお祝いしてくれるような、さわやかなお天気に恵まれました。みんな元気に、しかもその子らしく楽しんでやっていましたね。おかあさん、おとうさんもわが子の成長を実感して、嬉しそうでしたね。
2歳児・3歳児合同のリズム運動、最後の「いとぐるま」もつないだ手を離さないで踊りきりました。年々大きい組が増えていくので、来年、再来年の競技、演技がいまから楽しみです。準備から後片付けまで、お手伝い下さった保護者のみなさん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

カテゴリー: 保護者参加 タグ:

あおむしが蝶になった!

2015 年 7 月 26 日 Comments off

1歳児クラスみかん組は5月21日園庭で遊んでいて金柑の木にいるアゲハチョウの幼虫を見つけ部屋で育てていました。幼虫の入っている虫かごを毎日覗き込み,葉っぱを食べながら大きくなっていくのを楽しみに、不思議そうに、見ていました。さなぎになってしまうと変化がないのでそこは1歳児ちょっと関心が薄れることもありますが先生が「まだかな?」というとちょっと気にしながら待っていました。そして6月5日の朝ついにいなかった蝶が虫かごにいます。(本当に孵化したんです!)子どもたちはびっくり!ベランダで先生が虫かごのふたをあけると飛び立つ蝶を見つめていました。

カテゴリー: 未分類 タグ:

増改築が完成、25日に祝賀会と内覧会

2015 年 4 月 17 日 Comments off


子どものそのBabyの増改築工事は、竹内建築研究所の設計監理、近藤建設株式会社の施工で無事完了しました。
園庭は狭くなりましたが、その狭い庭でも子どもたちはどろんこあそびを楽しんでいます。増築した4歳児、5歳児の保育室は夢のある形と、意外に広々とした空間になって、子どもたちは楽しんで使っています。給食調理室も現場の意見を生かして立派な施設に生まれ変わりました。
屋上のあそび場も、支援センターの屋上とつながって、そこそこ使えそうで、やって良かったですね。
駅に近い通勤の利便性を生かしながら、生き生きとしたあそびの中で、心身ともに健やかな子どもたちを育てていきたいものです。
増改築の完成を祝って、4月25日(土)午前10時から祝賀行事を行います。また午後2時からは内覧会を準備しております。内覧会は参加自由ですので、どうぞ気軽にお越しください。

カテゴリー: 未分類 タグ:

出張支援センター、やってます!

2014 年 12 月 25 日 Comments off

 先日12月17日(水)に2回目の出張支援センターを行いました。この日はとても風の強い日でしたが、10時半にはたくさんの親子がぞくぞくと集まってきました。牛乳パックで作ったサンタさんに、親子で目を描いたりシールのボタンを貼ったり帽子のポンポンをくっつけたりとクリスマス制作を楽しみました。カラフルなボタンのおしゃれサンタさん、とってもやさしそうなサンタさんからちょっとおとぼけなサンタさんまで個性豊かなサンタさんができあがりました。手を入れて動かすと口をパクパク、おしゃべりしているようです。すると簡易舞台が登場し、牛乳パックのトナカイさんが出てきて「赤鼻のトナカイ」の歌にあわせてサンタさんとダンスを始めました。ママたちも一緒に歌って盛り上げてくれました。次に「うさぎ野原のクリスマス」のペープサートを見ました。子うさぎがサンタさんに帽子とにんじんをくださいとお祈りするかわいらしい歌です。皆最後までじーっと見ていました。そして12月生まれのお友達のお誕生会もすることができました。

この日は2014年最後の支援センターでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。いつものさくらんぼひろばのように離乳食等の相談があったり、新しい親子が来てくれたり、歩き始めの子が自由にとことこよく歩き回る姿を見て、出張支援センターができて本当によかったなぁと思いました。

快く場所を提供してくださったふじみ野市亀久保放課後児童クラブをはじめ、場所が変わっても足を運んでくださる皆さんに感謝しています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお過ごしください。

カテゴリー: 子育て支援センター タグ:

念願の交差点に信号機がつきました!ありがとうございました!

2014 年 12 月 9 日 Comments off

子の交差点は交通量が多く散歩に行くにもなかなか渡れない交差点でした。開園以来12年間保護者とともに交差点に信号機設置の運動をしてきました。毎年署名を集め、市や東入間警察に要望に行きました。初めは『管内で年に1,2箇所しかつかないから無理』と言われていましたが年数がたつにつれ、立て看板や道路に注意喚起の表示をつけてくださり、未光前に横断歩道が付きました。今年度はじめて議員さんにもお願いし、様々な皆さんのお力で信号機が付きました。12月8日12:20から点灯式が行われました。東入間警察の交通課の担当の方、市の担当の方、そして市長さんからも『時間がかかってしまいました』『やっと付きますね』と声をかけていただきました。午後でしたので起きていたりんご組が点灯式に参加、初めに点灯した信号機に「ぴかぴかついた」と喜んでいました。(それ以上に喜んだのは職員だったかも)子どもたちはバギーで交差点をぐるっと1週まわりました。これで安心して渡れます。遠回りしていた散歩の近くなります。今まで一緒に運動してきた保護者の方に感謝!感謝です!

カテゴリー: 未分類 タグ:

子ども一人ひとりが輝いた運動会

2014 年 10 月 18 日 Comments off

10月4日秋晴れのもと第11回運動会が行われました。0歳はハイハイやよちよち歩きでマットの山をのぼり、汽車に乗ってママに引いてもらいゴール!1歳は大好きな散歩コースのでこぼこ道を再現しマットの山を二つ越えて、巧技台からジャンプ!ねこじゃらしをとってママにお土産!2歳は絵本の「はらぺこあおむし」のあおむしになりキャタピラで一本橋まで進みます。平均台をわたり、高い巧技台から蝶になってジャンプ、おいしいご馳走をとってゴール。最後はママのところまで走りました。

いつもと違う雰囲気に泣く子やキョロキョロする子とさまざまですが、2歳児クラスの子が不安で担任の助けを求めながらも自分からその手をはらいのけ、『いくぞ!』と競技にむかう姿には感動しました。どの子も保護者の胸に抱かれた時の満面の笑顔はすてきでした。

どんなに幼い子でも参加しているおとなに見守られながら、一人ひとりが主人公になった運動会。きっと自信につながっていってくれることでしょう。

カテゴリー: 保護者参加 タグ:

新しい土山できたよ

2014 年 9 月 12 日 Comments off

4,5歳の保育室建設が始まり、掘削工事で出た土を裏の園庭に入れて土山を作ってもらいました。

先週職員で裏の庭の木を移し、あそべる場所をつくりました。そこに土山を2つ作ってもらい、全体的に土を入れました。子どものそのから帰ってきためろん組の子がさっそく土山であそびました。粘土質の土なのでどろだんごに最適!きれいなだんごを作っていました。水を入れてつるつるにして泥水につかっているこもいます。元の庭にあったアジサイもこの園庭に移しました。これからもたくさん水、どろあそびをして行きます。

 

 

カテゴリー: 未分類 タグ:

柿の木12年間ありがとう!そのに根付いておおきくな~れ!

2014 年 8 月 25 日 Comments off

27年度からBabyは、80人定員就学前間までの保育園になります。これから4歳、5歳児保育室増設のための工事がはじまります。9月初めから園庭側のフェンスが壊され、道路側の樹木は撤去され、基礎工事が始まります。

Babyの柿の木はオレンジ色に色づいた時はまだ渋く、黒くなるととろりとした甘い柿になる品種で、ある地方ではお祝いごとに使うほど珍しい貴重な柿です。撤去される前に能登さんがなんとか子の柿木を残そうと「子どものその」の園庭に移植することになりました。

8月5日、今年最高の猛暑の中、能登さんが丸山さんと2人で枝をおろし、根を掘り返して軽トラックに積み、「子どものその」へと運んでいきました。

柿の木の根は掘ってもほっても下に続き、ようやっと根を切、運び出しに成功しました。真っ直ぐ下に伸びた根は太く水みずしいりっぱな根でした。

12年前園庭にダンゴ虫すらいなかった時から子どもたちに木のぬくもりや実がなる不思議さ、収穫のよろこびなど様々なことを教えてくれた柿の木。「子どものその」で新たに根付き実を実らせてくれることを願っています。

<琵琶の木は残っています>

琵琶の木の立っている場所は通路になり工事の時は基礎ぎりぎりだそうです。最後まで残せるかはわかりませんがなんとか残そうと柿の木と同じ日に能登さんと丸山さんで剪定し、かなりスカスカの坊主になりました。うまくいけば来年は実をつけてくれるでしょう。

 

カテゴリー: 未分類 タグ: