アーカイブ

2017 年 6 月 のアーカイブ

金勝山やまのぼり・・・みんなでやりとげたことを自信に

2017 年 6 月 16 日 コメントはありません

5月24日に子どものその幼保連携型認定こども園の年長と一緒にさくら組が小川町の金勝山を登ってきました。

金勝山の沼に伝わる伝説が仲間との絆を

そのでは沼に何か“沼の主”がすんでいて子どもが来たことに気が付くと食べられたり、捕まえられるかも・・との伝説があります。下見に行った担任が木いちごをとるのに夢中になり影が沼にうつり何かがとんできて手をつかまれて怪我してきました。そこからクラスで“どうしたらみんなで見つからずに沼を通れるか”、“沼の主が嫌いなものはなにか”など作戦を考えていきました。楽しみだけどちょっと心配!そんな気持ちを仲間と乗り越えることで山を登るだけでは味わえない体験になっていました。

 沼を超えて思わずなみだが

作戦を考え、山道に入る前の神社でお参りをして沼に向かいました。作戦通り静かに抜き足差し足、大きい声を出さないで・・担任が大きい声でしゃべると「し~静かに」と子ども達。そこに沼で何かが「ぼちゃ~ん!!」「ぎゃ~」「にげろ~」「走って~」沼を抜けるところまで全速力で走ると、先に行っていたそののみんなが「さくらさん早く~」「さくらさんがんばれ~」とはげましてくれ、「さくらさん、もう大丈夫だよ」と待っていてくれました。みんなの所まで着いてホッとしたら「こわかった~」と涙が止まらない子ども達。抱き合ったり手を繋いで安どしている子どもたちの姿を見て、仲間とのつながりを感じることができました。

 木いちごを探しながら山道をのぼり頂上へ  「やっほ~」

山道は岩場もあり楽ではありませんが木いちごやグミの実が沢山なっており、見つけるのも楽しみです。ここでも自然に後ろの子を気づかったり、声を掛けあうさくら組。頂上でみえた景色は格別!登ってきたのが実感できる感動のときです。

伝統のないさくら組も子どものその幼保連携型認定こども園と同じ園の一クラスとして取り組んで行かれたことで貴重な体験することができました。

カテゴリー: 未分類 タグ:

りんご組・・・新河岸側の土手やそのの園庭へ行きました

2017 年 6 月 16 日 コメントはありません

苗間保育園の3歳児と一緒に子どものそののバスに乗って新河岸川の土手に行きました。どこまでも続く土手に走りたくて止まらない子は走っていっては先生のところに戻ってきて来ます。土手にいるてんとう虫を「先生とって」と言う子から、「いたいた」とじっとみて自分で捕まえる子もいました。ちょうちょも捕まえようと追いかけました。そのに着くと楽しみのお弁当です。「みてみて~」と嬉しそうにお弁当を見せてくれました。食べ終わった子からアスレチックであそびます。ヤギの小屋に入ってやぎに触ったり、餌をあげました。シャワーも浴びさせてもらいバスに乗って帰りました。帰りのバスで担任が何がたのしかったかと聞くとお弁当と答えていました。

カテゴリー: 未分類 タグ:

ひまわり組・ゆり組・・・一緒に親水公園に行きました

2017 年 6 月 16 日 コメントはありません

親水公園にリュックを置き、弁天の森に行きました。てんとう虫を探して見つけるとみんなで捕まえようと押し合いになります。「ここにもいた」との声にまた集まります。そのうち自分で探して捕まえようとします。親水公園には沢山いるので、あきらめずに自分で出来たのです。途中、鳥の凄い泣き声にびっくりしたり、大木の茂みに「木のトンネルだ」と木を見上げたり、小屋にいる何かに驚いてみんなで逃げてきたり、湿地帯の1本橋を慎重にわたり、池や沼地であそび、川にカッパをみつけ大きなクモの巣をみつけたりとゆっくり楽しみました。お弁当は言うまでもなく一番の楽しみ。ゆり組の子は自分でシートを出して、お弁当になります。帰りはひまわり組の子は眠さもありどうなるかと思いましたがゆり組の子が一緒に手を繋いでくれ、一緒に頑張って歩きました。他のクラスと一緒に行くのはいいですね。親水公園は普段も来ますが、この時期はお弁当があるとゆっくりあそべていいですね。

カテゴリー: 未分類 タグ: