アーカイブ

2016 年 10 月 のアーカイブ

第13回運動会 沢山の“初めて”と感動をありがとう!

2016 年 10 月 26 日 Comments off

・初めてとんだ2歳児。『みんなと同じにやりたい!を力に』
机2段からの飛び降りをこわがっていた子がいたので、ウレタン積み木を用意しおとなの手をかりるより自分で飛べるように、と思っていましたが総練習の時に自分で飛ぶことを決め見事にクリア。当日他の子も自分でと言って飛びました。またテーブルの上で躊躇、先生と相談の上、手を持ってジャンプ、ウレタンを出せば一人で出来たのでどっちが良いかは分かりませんが、彼女のなかに「みんなと同じにやりたい!」そんな思いが強かったのではないかと思います。
・初めて3歳児のでんぐり返し。『自分ってもっとできるはず!自ら挑戦』
ゆり組がやっていたでんぐり返しをみながらやり始めたひまわり組の子ども達。総練習では自分たちが思っていたよりもうまく出来ずくやしかったようで、その後自分たちで何度もやっていたそうです。本番はほとんど補助なくくるりん!と回って見せてくれとっても満足そうでした。

・初めての4歳児。『心の葛藤を仲間とのりこえて』
人に見られていることを意識し、恥ずかしさと上手くできないかもしれない自分との葛藤の4歳児です。部屋で「恥ずかしくてできなくなったらみんなで頑張っていう!みんな一緒だもんね」などと話し合い当日を迎えました。スタートのところで待っている時の緊張をお互いに感じ取っているのを私は感じました。そしていざスタート、名前を自分で言うときについていた先生の手をギュッと握っています。そして手を握っている先生の顔を見てから前にいる担任の顔を見てギュッと握っていた手を自分からゆっくりはなしてスタートしました。大人にも友達にも支えられながら最後は自分でこころを決めて進んだ4歳児。一人一人が同じようにクラスのなかで成長しているんですね。

カテゴリー: 未分類 タグ: