アーカイブ

‘みかん組(1歳児)’ カテゴリーのアーカイブ

おに・みんなでやっつけたよ!!

2013 年 2 月 3 日 Comments off

 2月1日、朝からそわそわしているりんご組です。10時から全園児で集まって歌をうたったり、窓に張った紙の鬼を新聞紙の玉でやっつけました。この時、りんご組が一番にやったので、1歳、0歳クラスも張り切って投げていました。「さあもう鬼が来ても平気だね」と各保育室に戻ります。

0歳いちご組は先生から小袋に入った豆をもらい、なんだかいつもと違うおとなの動きにきょろきょろ・・そこへ・・太鼓の音がして鬼が部屋の前に現れます。あまりの突然の出来事で、何が起きているのかわからず、ほとんどの子が動くことも、泣くこともなく先生にしがみついていました。鬼が逃げていなくなると、「きたね」と言って泣き出したり、先生から離れない子やおやつをひたすら食べる子とさまざまでした。

1歳児みかん組は部屋で、三方に豆を入れてもらい食べました。そこへ太鼓の音とともに鬼がベランダの戸をバーと開けて入ってきます。「ぎゃー」と大泣き先生にしがみつきます。先生の体がつかまるところがないと後ろに隠れようと必死でつながっていきます。一番後ろまで逃げた子はひとりで必死に豆を投げています。びっくり過ぎて動けない子もいました。鬼が逃げたあと少しずつ甘納豆のおやつを食べホット一息です。

続きを読む…

親子で楽しんだ運動会

2011 年 10 月 4 日 Comments off

 幼い子どもたちの運動会だから、穏やかな天候でよかったですね。10月1日は朝のうち少し風がありましたが、暑からず寒からずの運動会日和。
 朝早くからいちご組(0歳児)、みかん組(1歳児)は、Babyからお母さん・お父さんと一緒に会場の中沢公園に集まりました。りんご組は先生と一緒に歩いてきて、親の姿を見ても先生と落ち着いて行動できました。
 いちご組の坂道のぼりから始まりました。ハイハイや、ヨチヨチ歩きの姿がかわいくて、大人はみんな笑顔でしたね。みかん組は大好きな絵本「のせてのせて」をテーマに、クルマを運転してトンネルへ。これも一人ひとり楽しそうでした。りんご組は「めろんパンを買いに」お使いに出かけました。セリフもちゃんと言えたし、ジャンプも素敵でした。
 地域の子どもたちの競技は例年より参加者が多かったでしょうか。保護者・先生たちの綱引きも盛り上がりました。本当に楽しい運動会でした。
 朝早くからテント張りなどを手伝い、後片付けもしてくださったお父さん・お母さんたち、お疲れ様でした。ありがとうございました。

みかん組に雪がふったー!!

2011 年 2 月 1 日 Comments off

朝から雪がちらちらと降っていて、「雪だねぇ、白いねぇ」なんて、窓の外を見ていた子どもたち。そこで、お部屋の中も雪を降らそうと小麦粉の雪を降らせました。まるで新聞の絵のように先生たちが頭の上から降らせる粉雪に大喜び。嫌がる子もいるかなぁ、と思っていたのですが、ぜんくんが嫌で押し入れに逃げていったぐらいで、他の子は逆に大興奮。自分たちで雪を降らせたくて「ちょうだい」と言ってはパラパラ~と、でもそのうちにそれだけでは物足りなくなってきた子どもたち。最初のきっかけを作ったのはみづきくん。手に持った粉を自分の顔や頭にバサっとかけだしました。 続きを読む…

カテゴリー: みかん組(1歳児) タグ:

霜柱っておもしろい

2010 年 12 月 20 日 Comments off

地面に霜柱が立つようになりました。 

冬になったらお散歩で霜柱を踏んで歩こう、と担任はずっと楽しみにしていました。早速霜柱を見つけて「見てごらん!氷が地面からはえてるよ」とみかん組の子たちを呼んでみます。なになに?と集まった子どもたち。「これなに?」「こおり?」とふしぎそうに見ていましたが、今度は担任が霜柱を踏み始めるとすぐにまねをし始めました。「なんか音がするねぇ。」「えい、えい」とだんだん楽しくなってきて、霜柱を求め、どんどん畑の中へ。倒れた霜柱が白くきらきら光るのも、きれいだね、おもしろいね、と踏みつづけていました。

 

カテゴリー: みかん組(1歳児) タグ:

友だちと一緒に斜面のぼりにチャレンジ!

2010 年 10 月 22 日 Comments off

 11月25日に1歳児クラスが「西ノ原公園」に初めて散歩に行ったときのことです。落ち葉がたくさん積もっていたので担任が落ち葉を散らして遊ぼうと思っていたところ、子どもたちはいきなり急斜面をのぼり始めました。最初はゆうきくんだったのですが、 他の子もどんどん後に続きます。

斜面が急なところはり滑りやすく、子どもたちは途中で登れなくなり、はいつくばったまま 「せんせいー!」と助けを求め始めました。斜面の途中で動けずにいる子ども一人ひとりに手を貸しておりることのできる 体勢にします。すると、また登り始めます。結局登れず助けてもらいます登り、下りるのを何度も繰り返しました。

こわくて二度 とやりたくないという子ができるかと心配しましたが、一人も嫌がる子はいなく、とても楽しそうにさっそうとチャレンジしていく姿にびっくりしました。「みんなでやっている」という意識と、「いざとなれば助けてもらえる」という安心感が あったからでしょうか、こどもってすごいです。

カテゴリー: みかん組(1歳児) タグ:

お昼寝前の絵本

2010 年 7 月 22 日 Comments off

 そのベビーの保育室では、子どもたちが自由に絵本を手にすることができるよう、手の届くところに絵本を置いています。

はじめはあまり絵本に興味を示さない子どもでも、読み聞かせをしたり、お友だちと一緒にそれを楽しむうちに、絵本が大好きになり、自分で好きな絵本を選んで担任に読んでもらおうと持ってくるようになります。こうしてほとんど例外なく、そのベビーの子どもたちは絵本が大好きです。

みかん組になると、お気に入りの絵本を選んでお昼寝前に自分のお布団まで持ってきて、楽しそうに眺めたり、大切そうに抱きかかえたりしている姿が見られます。読み聞かせをすると、お布団にごろごろしたまま数人で静かに聞いています。ときには取り合いになったり、あそびで絵本をビリビリ破ってしまうともありますが、補修しながら大切に使っています。中には、10冊以上の本を布団に持ってきて積み上げて満足そうにお昼寝に入る子もいます。

カテゴリー: みかん組(1歳児) タグ: