アーカイブ

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

増改築が完成、25日に祝賀会と内覧会

2015 年 4 月 17 日 Comments off


子どものそのBabyの増改築工事は、竹内建築研究所の設計監理、近藤建設株式会社の施工で無事完了しました。
園庭は狭くなりましたが、その狭い庭でも子どもたちはどろんこあそびを楽しんでいます。増築した4歳児、5歳児の保育室は夢のある形と、意外に広々とした空間になって、子どもたちは楽しんで使っています。給食調理室も現場の意見を生かして立派な施設に生まれ変わりました。
屋上のあそび場も、支援センターの屋上とつながって、そこそこ使えそうで、やって良かったですね。
駅に近い通勤の利便性を生かしながら、生き生きとしたあそびの中で、心身ともに健やかな子どもたちを育てていきたいものです。
増改築の完成を祝って、4月25日(土)午前10時から祝賀行事を行います。また午後2時からは内覧会を準備しております。内覧会は参加自由ですので、どうぞ気軽にお越しください。

カテゴリー: 未分類 タグ:

念願の交差点に信号機がつきました!ありがとうございました!

2014 年 12 月 9 日 Comments off

子の交差点は交通量が多く散歩に行くにもなかなか渡れない交差点でした。開園以来12年間保護者とともに交差点に信号機設置の運動をしてきました。毎年署名を集め、市や東入間警察に要望に行きました。初めは『管内で年に1,2箇所しかつかないから無理』と言われていましたが年数がたつにつれ、立て看板や道路に注意喚起の表示をつけてくださり、未光前に横断歩道が付きました。今年度はじめて議員さんにもお願いし、様々な皆さんのお力で信号機が付きました。12月8日12:20から点灯式が行われました。東入間警察の交通課の担当の方、市の担当の方、そして市長さんからも『時間がかかってしまいました』『やっと付きますね』と声をかけていただきました。午後でしたので起きていたりんご組が点灯式に参加、初めに点灯した信号機に「ぴかぴかついた」と喜んでいました。(それ以上に喜んだのは職員だったかも)子どもたちはバギーで交差点をぐるっと1週まわりました。これで安心して渡れます。遠回りしていた散歩の近くなります。今まで一緒に運動してきた保護者の方に感謝!感謝です!

カテゴリー: 未分類 タグ:

新しい土山できたよ

2014 年 9 月 12 日 Comments off

4,5歳の保育室建設が始まり、掘削工事で出た土を裏の園庭に入れて土山を作ってもらいました。

先週職員で裏の庭の木を移し、あそべる場所をつくりました。そこに土山を2つ作ってもらい、全体的に土を入れました。子どものそのから帰ってきためろん組の子がさっそく土山であそびました。粘土質の土なのでどろだんごに最適!きれいなだんごを作っていました。水を入れてつるつるにして泥水につかっているこもいます。元の庭にあったアジサイもこの園庭に移しました。これからもたくさん水、どろあそびをして行きます。

 

 

カテゴリー: 未分類 タグ:

柿の木12年間ありがとう!そのに根付いておおきくな~れ!

2014 年 8 月 25 日 Comments off

27年度からBabyは、80人定員就学前間までの保育園になります。これから4歳、5歳児保育室増設のための工事がはじまります。9月初めから園庭側のフェンスが壊され、道路側の樹木は撤去され、基礎工事が始まります。

Babyの柿の木はオレンジ色に色づいた時はまだ渋く、黒くなるととろりとした甘い柿になる品種で、ある地方ではお祝いごとに使うほど珍しい貴重な柿です。撤去される前に能登さんがなんとか子の柿木を残そうと「子どものその」の園庭に移植することになりました。

8月5日、今年最高の猛暑の中、能登さんが丸山さんと2人で枝をおろし、根を掘り返して軽トラックに積み、「子どものその」へと運んでいきました。

柿の木の根は掘ってもほっても下に続き、ようやっと根を切、運び出しに成功しました。真っ直ぐ下に伸びた根は太く水みずしいりっぱな根でした。

12年前園庭にダンゴ虫すらいなかった時から子どもたちに木のぬくもりや実がなる不思議さ、収穫のよろこびなど様々なことを教えてくれた柿の木。「子どものその」で新たに根付き実を実らせてくれることを願っています。

<琵琶の木は残っています>

琵琶の木の立っている場所は通路になり工事の時は基礎ぎりぎりだそうです。最後まで残せるかはわかりませんがなんとか残そうと柿の木と同じ日に能登さんと丸山さんで剪定し、かなりスカスカの坊主になりました。うまくいけば来年は実をつけてくれるでしょう。

 

カテゴリー: 未分類 タグ:

楽しかった遠足

2014 年 6 月 2 日 Comments off

5月22日(木)   前日のどしゃぶりの雨も当日はカラッと晴れ、16人全員で遠足ごっこに行ってきました。「子どものその」のバスに乗ると嬉しくてつい立ち上がってしまいます。新河岸川の土手に着くと、事前に自分で作ったおみやげ入れのバックを下げて土手に出発です。土手では色とりどりの花が咲いていました。先生が花を摘むと子どもたちも摘みはじめます。てんとう虫も初めは先生が採っていましたが、欲しい子が何とか見つけようとしたのでしょう。いつの間にかてんとう虫見つけめい人が次々あらわれました。先生みたいに見つけたい!ほしい!という意欲はすごいですね。自然のなかで自然の不思議を実際に肌で触れて感じて、感動しているんですね。

その後は「子どものその」の園庭でお弁当です。愛情いっぱいのお弁当に子どもたちはうれしくて、先生ひとりひとりに見せてくれるほどでした。その後はアスレチックなどであそびました。広い園庭で走り回ったり、やぎや犬にふれたり、アスレチックに上り大きい子のターザンロープをやる姿を憧れのまなざしで見ていたり。水道のところではキャーキャー水あそびも始めました。みんなで楽しんだこの経験はクラスのみんなの共通の体験として残っていくことでしょう。

カテゴリー: 未分類 タグ:

入園・進級のお祝い

2014 年 4 月 3 日 Comments off

4月1日に入園・進級のお祝いが行われました。

新2歳児りんご組はほとんどが進級児です。「おはよう!」と登園するといままでの2階のクラスに上がろうとします。「今日からりんご組だよ大きくなったからね」というと少し照れながら得意そうな顔でりんご組に入っていきます。

お祝いはさくらんぼ組で行われました。0歳クラス5人・1歳児クラス12人・2歳クラス15人が集まり26年度がスタートしました。新しく入園した子を一人ずつ名前を呼ぶとお父さんやお母さんに抱き上げられて紹介されました。手遊びや歌をおりこみながら全職員の紹介もされ、最後に記念写真を撮って終了しました。その後は各クラスに入り、1年間一緒に過ごす仲間と顔を合わせやこれからの保育園生活についての話を聞きました。子どもたちは、早くもあそびだす子やママやパパにしがみついて離れない子と様々でした。これからみんなでおおきくなろうね!

カテゴリー: 未分類 タグ:

おにみんなでやっつけたよ!!

2013 年 2 月 3 日 Comments off

2月1日は、3日の節分を前におにが保育園に鬼が来ました。1月28日の昼寝起きには鬼から手紙がとどきました。手紙を見つけた2歳児クラスのりんご組は「おに来るって!」「鬼来たらおれがやっつけるから」とこわいながらもちょっと心待ちにしている子もいるようです。中には「鬼から手がみ来たの」と聞くと「え!来ないよ・・」とそわそわしている子もいます。どのクラスもひいらぎの葉を散歩で採ってきて戸につけました。りんご組の子に、「鬼が嫌いなもの何」と担任が聞くと「ちくちくの葉っぱと豆とくさい魚」といいます。(スゴイ!)1月30日には七輪でイワシを焼いてみんなで食べました。先生が小骨を取るのが間に合わないくらい口を開けて待っています。0歳のいちご組もみんな食べました。残ったイワシの頭は玄関にひいらぎと一緒にかざりました。「さあこれで大丈夫!」

2月1日の朝からりんご組の子はなんだかそわそわ・・・・・(つづく)

カテゴリー: 未分類 タグ:

親水公園でのオカリナのおじさん!

2013 年 1 月 26 日 Comments off

 寒い中でも陽だまりを見つけては散歩に行っています。特に2歳児クラスりんご組は、手をつないで歩くことも上手になり、遠出の散歩も出来る様になりました。今まで遠かった5号公園は、お手ものもになり親水公園まで20分ぐらいで行かれるようになりました。

親水公園で、オカリナを吹いてくれるおじさんと出会うようになりました。おじさんを見ると、「あ、おじさんいた!こんにちは」と駆け寄っていく子どもたち、「お、こんにちは来たね」「今日は何にしようか、どんぐり知ってるんだね」と言ってオカリナで演奏してくれます。子どもたちはおじさんの周りに集まり歌い始めます。「ゆうやけこやけも知ってたねおまけだ」と言って吹いてくれました。「いい子だね。また会おうね、いってらっしゃい。」と散歩に送り出してくれます。子どもたちも、「ありがとう。またね、ばいばい」と振り返りながらおじさんにあいさつし、散歩を続けます。身も知らない、名前も知らない、子どもたちがいつ行くかも知らない地域の方とのふれ合いです。子どもたちのなんとも穏やかな顔、それでいて担任とだけいるときよりちょっとおすまししています。散歩をしていると、地域の方が声をかけてくれます。担任や子どもたちも「こんにちは」とあいさつをします。こんな中でも子どもたちは人に愛され人を信じ、愛することを学んでいくことでしょう。

カテゴリー: 未分類 タグ:

雨の中、ほっかほか、アツアツの餅つき

2012 年 12 月 25 日 Comments off

 1222日は子どものそのBabyの餅つきでした。園児と家族の方や、地域のかたのたくさんの参加で行われました。あいにくの冷たい雨になってしまいました。能登さんをはじめ、理事の内山さん、子どものその理事の菅山さん、卒園児理事の塚本さん、卒園児の渡辺さん、長谷川さんが手伝いに来てくださり、2階テラスから園庭にシートをかけ、かまどに火をおこし、うすなどもちつきの準備があという間にできました。今年は3キロ7臼の餅をつきました。手返しは職員が順番に熱いアツいといいながらも行いました。つき手には多くのお父さん方が参加しました。餅つきが初めてのお父さんもトーントーンといい音がします。みんなで力を合わせ、おいしいお餅が出来あがりました。部屋の中では職員がつぎつぎ出来てくる餅をちぎるのに悪戦苦闘しながらもきな粉、のり醤油、雑煮味のおいしいお餅になりました。1歳になったばかりのいちご組の子も保護者の方と一緒に食べたようです。りんごの子たちはまだ食べるのと言うくらい食べた子もいたようです。

忙しい中駆けつけてくれた理事や卒園児の保護者の方は最後の片づけまで手伝っていただきました。職員も出来た餅や初手返しに格闘。お家の方とおいしそうに食べる子どもたちの顔、つくところを不思議そうに見つめる子どもたち、ついてるお父さんを応援する子どもの姿、ついているお父さんのかっこいい姿にカメラを構えるお母さん。

冷たい雨の寒い日でしたが、みなさんの協力でおもちはアツアツ、こころはほっかほかな餅つきになりました。

カテゴリー: 未分類 タグ:

サンタさんが来た!

2012 年 12 月 24 日 Comments off

12月20日に少し早くサンタがやってきました。みかん組保育室に全園児が集合「あわ

てんぼうのサンタクロース」の歌をうたい、「うさぎ野原のクリスマス」の歌に合わせたペープサートを見ました。いつもと違う部屋に『きょとん』とするいちご組、『何が始まるんだろう』とソワソワしているみかん組、『「サンタが来る!」とはりきりながらも緊張ぎみ』のりんご組。鈴の音が聞こえサンタが登場すると全員がじっとサンタにくぎづけです。泣き出すいちご組、その場で身動きできないみかん組こわい~とりんごのみれいちゃん、けんたくん、みおちゃん。「大丈夫だもん」といいながら担任の膝に座っているあきとくん。サンタがプレゼントを配り始めるとりんご組はひとりでもらいに行き、握手しってもらいました。いつもなら順番でけんかになるのにサート並んで順番を待っていました。ご飯のときに”サンタさんの手どうだった”と聞くと、「す~ごく大きかった」と目を輝かせて言っていました。印象的だったんですね。みかん組は先生に促されると一人でもらいに行きました。いちご組も先生と一緒にサンタさんから一人づつプレゼントをもらっていました。

カテゴリー: 未分類 タグ: